逆算して生きる物語

f:id:careersg:20170923144853j:plain

とある喫茶で☕を飲んでいます。珈琲を飲みたいということより、気分を変えたいと。貧乏学生の頃、食事もろくに取れないくせに試験勉強も論文も喫茶でした。その時代からの癖かもしれません。今も。

ところで還暦を過ぎたわたしの友人たちは定年しているか、その間際でこれからの人生をいかに生きるか模索し始めています。テレビ番組も人生の終焉を描く石坂浩二さん主演「やすらぎの郷」が話題ですね。再放送を見ますと先日亡くなった野際陽子さんなども出演されていましたし、現実と虚構の入り混じるドラマです。倉本聰氏ご自身も高齢になり、だからこそリアリティとロマンが交錯する味のある作品になっています。かつての名優たちが晩年を過ごす高級な高齢者施設が舞台という設定です。きょうの再放送は「死にゆく人と残された人の死を迎えるためる覚悟と納得感」でした。納得して人生の最期を迎えることが出来るかどうか。それが問われませんか?と倉本氏から。

若き日、子育て時代には容易に自分の最期から逆算して、今をどう生きるかをゆっくりと考えることは少ないかもしれません。しかし、やはり、いつかは迎える人生の最期。その時に自分を納得させるものが自分の中に残せるか。時には考えなければと思うのです。

映画監督大林信彦氏も末期がんの中で今、映画製作に意欲をもって生きています。おそらく人生最後の作品。写真はその大林さんの澄み切った眼差し。何を見ているのでしょうか。

近年、40代、50代の転職が増えてきています。転機は人生のドラマですね。わたしも定年前に専任教員を辞して、新しい人生に踏み出しました。リスクある転職です。今、その転機の時代をオンタイムで生きながら、問うのは人生の逆算からの今のリアジュウです。すると、人生の定年は、命が尽きる時。人生の定年までどう生きるか。転職という自分の物語もそれを考えなければ納得のいく決断になりません。 p>

「自分の人生の物語」をどう描くか。作者は自分自身。演出者はわかりません。しかし、とにかく書き始めて、そのように演じなければ何もドラマがはじまりません。観客はもちろん自分自身です。

さて、珈琲も飲み干しました。これから90歳ちかい義母と一緒に食事を。

 

元校長

松本 利勝

 

 

実はわからない、なるようにしかならない世界

f:id:careersg:20170918224114j:plain

(恵比寿駅西口のアイス屋さんの団子アイス)

 

暑い日は、アイスが恋しくなります。恵比寿を散策していると、あたたかい草団子とアイスのゴールデンペアがわたしを魅了していました。なんとなく懐かしくもあり、モダンでもある。モダンー。この言葉も今や、古典的ですが。冷たいものと暖かいものの組み合わせは口の中で不思議なハーモニーを奏でますが、それとは異なりこの世界はハーモニーもなく、けれども面白くも不思議で、かつ不条理で、しかし希望に満ちているように思うのです。

人は、しかしこのように説明がつかないことを経験すると、不安になり、そこに体系的合理的な説明を求める傾向があります。それは時にナチスのような全体主義の世界観に人々を誘い込むようになることもあります。安易に不安を解消するようなものに魂を奪われないように注意深くあらねばなりません。

 

わたしたちの世界は、物質的な意味においては、科学的実証的研究を積み重ねることで、日々進化し続けていくのですから、この宇宙の構造、仕組みそのものは分子、原子、素粒子等のレベルで説明されていくでしょう。世界の因果関係の解明です、

ただ、心の問題は、厄介です。心だけは、脳の働きと割り切れないのです。確かに、脳の働きが心なのかもしれません。しかし、たとえそれが真実でもわたしたちの心の苦悩、不安は解決できないのです。学校や会社に行けなくなった人を類型化することはできても、個々の問題には必ずしも該当しないからです。

この世界は必ずしも原因と結果が明確であるわけではありません。今、このように苦しいのは、きっと原因があるだろう、と合理的に問いを立てますが、今のこの自分の現実の理由を明確に理解すること自体無理があります。こころの構造はそう単純なものではありません。もちろん、だからといって、理性を捨て、安易なカルト的宗教にはいりこむなどは愚の骨頂です。

では自分が不安になったとき、悩んでしまったとき、解決が見えないとき、どう対処するか。心療内科では薬物療法、○○療法やカウンセリングなどで一定の効果的な対処法を示します。それは医師の力量が確かであれば解決に向かうでしょう。が、それでも対応できない次元の深い、深い心の問題の場合があります。その場合はやはりこの世界は「わからないもの」と認めることから解決を求めるのが必要なのではないかと思います。この世界にはわからないことがあるのは当たり前であるという認識を持つことです。わからないのだから、そのわからなさに身をゆだねてしまう、ということです。身をゆだねるという主体性が求められますが、その覚悟があるとふっと力が抜ける。すると、今までのなやみがアホみたいに見える。なんとかなる。なるようになる。だからもう考え過ぎるのはやめましょう。

その覚悟は、お団子アイスでも食べるとできるかもしれません。

 

松本 利勝

カレーは復活の味

f:id:careersg:20170901140640j:plain 街の空を見上げると月。何故かカレー日和

f:id:careersg:20170901141350j:plain

 

小学生低学年の頃、昭和30年代。母がカレーを作り始めました。小麦粉とカレー粉に玉ねぎと鶏肉を入れただけのまずいカレーでした。それが瞬く間に市販のカレーのルーが売り出され、今やカレーは国民食に。かくいうわたしもスパイスを駆使したインドカレーを作るまでに凝りだしています。思えば、苦しい時、わたしはいつもカレーを食べておりました。激辛ではありませんが、なぜかカレーを食べるとほんの少し、元気がでるような気がするのです。

この夏、今週です。わたしは空いている時間を生かせないかと、学習障害の生徒たちの個別指導員の求人に応募してみました。月曜に面接と模擬試験がありました。一週間以内に返信メールが届くとのことでした。しかし、未だ返信はありません。世の中は甘くはありません。まぁ、こんなこともある、あきらめないで次の可能性を探そう。と思いつつも、少し元気がなくなっている自分がおります。めげてはいけない。気を取り直して次の方策を考えなければと思いつつも、です。弱いですね。

ところで、みなさんは、元気がなくなったとき、どのようにして元気を回復しているのでしょうか。そもそも人が元気がなくなるとき、どのようにして元気を回復するか。心理学や精神医学でいうところのレジリエンス(resilience回復力)の話にもなりますね。

わたしは、今回のように元気がなくなるときは、部屋にこもり、「やっぱり歳かな、62歳で元校長なんて使いづらいよなぁ、どこかにプライドが出るのかな、見るからにぱっとしないのかな」などと落ち込み、無気力状態になるのが常であります。こんな時は、理屈ではないので、もうどうしようもありません。ただ、単純なので、ご飯を受け付けない程の落ち込みにはめったにならないので、その時は何とか外に出て、例えばインドカレー屋さんを探して、食するのです。汗が噴き出して、顔がぐしゃぐしゃになり、身体をすっきりさせてみると、元気が出ることもあるのです。

食べることはいわば、外からの命の摂取。命を吹き入れると、身体が変容し、何かが変わる。変わることに乗じて、一歩前に進めるような気がするのです。

レジリエンスの方法は自分で見つけるしかありませんが、誰かに助けてもらうことに億劫にならないようにするのもいい方法のようです。

美味しいカレー屋さん、お薦めのところありますか?

 

元校長 松本 利勝

 

先生たちの悲鳴と喜び

学校現場の先生たちの過酷な実態が、近年知られるようになっています。数年前は、マスコミに登場するコメンテーターも無知からなのか、局の方針なのかわかりませんが、先生たちに何か問題があると単純に先生たちが間違いなのだと、その非を一方的に責めていたように思います。聞くに堪えない貧困な批判精神であると胸が痛みました。しかし、最近は尾木ママ先生や池上彰氏など現場を知る人々によって、実は大多数の先生方が過酷な仕事環境であるにもかかわらず、熱心な教育活動をされていることが発信されて先生たちに対してやや客観的味方の報道が増えてきました。

 

勿論、公立と私学。都会と地方。また人気、規模等で学校間格差がありますし、同じ学校でも文化部と運動部の顧問。主要五教科と他教科の違い、さらに委員会等の校務分掌でも先生たちの仕事環境は異なります。しかし、総じて裁量労働制的働き方の名のもと、ほとんど休養もとれず、一番大切な授業の準備、教科研究に十分な時間が取れていないのが現実です。とはいえ、良心的な先生なら授業の質を上げたいと思いますから、本来休養すべき時間、曜日にその準備を行います。

その結果、過労死、精神疾患のリスクが絶えず先生たちを覆っているのはすでに報道されているとおりです。

ー小学校・中学校とも、1週間あたりの平均勤務時間は小学校教諭が57時間25分、中学校教諭が63時間18分。先生方の1週間当たりの正規の勤務時間38時間45分ですので、小学校教諭は19時間40分、中学校教諭は25時間33分が1週間当たりの平均残業時間。中学校教諭は国が示す「過労死ライン」に達する週20時間以上の残業。小学校も副校長や教頭は過労死ラインを越える。ー

その現状に対して、ようやく文科省が先生たちの長時間労働是正制度導入を決めました。あまりにも遅すぎですが、改革の第一歩です。具体的には先生たちの事務作業補助スタッフをパートで雇う予算14億9000万円を計上したのです。その予算で3600人補助スタッフが大規模校を中心に配置されるとのことです。

しかし、全国の公立校は約3万校。つまりほとんどの学校現場は変わらないということです。これからの予算確保が課題になります。また、クラブ活動の在り方など根本的な問題もあります。中体連、高体連の試合設定日は土日です。顧問になってしまうと先生たちに土日はなくなります。勝ち続けると毎週です。年度末に次年度のクラブ顧問が決まりますが、好きでやりたいと自薦する人以外は、試合の多い運動部の顧問に手を挙げる先生たちは厳しい選択を迫られるのです。ある学校では、発言しにくい若手の先生に押し付けてしまうこともあります。その場合、嫌々顧問となった先生は鬱状態になる可能性もありますし、学校不信にもなります。

欧米では、クラブは保護者の責任で行うもので先生たちは授業に専念するのが当然という国、州もあります。民間のスポーツクラブに委託するのです。現場を知らない教育委員会の存在も果たして必要かどうか、抜本的な議論が必要でしょう。少なくとも教育委員会は生徒たちにも先生たちにも益とはなっていないでしょう。いじめ問題でもしばしば教育委員会が生徒のためにならない判断をしていることが指摘されています。地域の学校出身である教育委員会の委員さんは生徒を守るわけではなく、自分の担当する学校に問題があることは隠したいと考えてしまう可能性があります。政府のいうところの「働き方改革」がこれからどこに向かうのか、どこまで真剣に議論し、制度という形に落としこめるか。私学にはどう対応するのか、注目していきたいものです。とにかく学校教育の主人公が子供たちであるならば、その成長を支える先生たちに人間としての当たり前の労働環境を保証する必要があります。

今回の制度、その予算化は、改革の小さな第一歩。その背後に地道に先生たちの苦しみと努力を知る志のある人々がいらっしゃるのでしょう。頭が下がります。人は問題を第三者的に指摘はしても自ら動く人は少ないのです。

 

元校長 松本 利勝

 

校長室の密かな愉しみ

f:id:careersg:20170822175346j:plain

(公園の桜の古木の枝にとまるセミ)

迎賓館の近く、四谷鮫河橋跡に小さな公園があります。乳幼児を乳母車に乗せた若いお母さんたちが談笑しています。高速道路の車の音をかき消すセミたちの賑やかな鳴き声が響き渡る公園の散歩。こんな時は、何故か辛い中華やインドカレーが脳裏をかすめるのです。わたしの部屋には目黒のインド人のお店から仕入れた幾種ものカレースパイス、長野のドライブインで買い求めた唐辛子があります。もう自分で作るしかありません。昔、インドで食したカレーの味を思い出しながら。そういえば、かつて校長室で生徒たちと一緒にカレーを食べたことを思い出します。校長時代、わたしは前日に、キーマカレーを自宅で作り、校長室で密かにご馳走していたのです。生徒たちとはカレーを通して談話していたのです。そうすることで生徒たちの気持ちを知ろうと。懐かしい思い出です。

f:id:careersg:20170814083923j:plain

(長野産の唐辛子商品各種)

生徒たちは校長室を訪ねるのは初めてと言っていました。確かに、校長室に生徒が来るのは、中体連などで素晴らしい成績をあげたとき、成績優秀者の表彰、いろいろな事情で生徒ひとりで卒業式を挙げるとき、もしくは成績が極端に振るわないとき、あるいは何か生活指導上の注意のときです。それが、単に校長室で気楽にランチ会をするというのは生徒たちにとっては、それだけで楽しかったようです。中1の生徒も高3の生徒も良く校長室に遊びに来てくれました。そしてたわいもない雑談などして教室に戻って行きました。

あれから、3年が過ぎました。あの生徒たちはどうしているだろうか、と思います。今や、カレーの味は当時の校長室の密かな思い出となりました。

人は一緒に食事をとることで、コミュニケーションをとるのですね。とりわけ。わたしは不器用なので、食事のような媒介がないとなかなか辛いのです。

わたしは不器用でも高倉健さんのようにはカッコ良くはないので、安価でおいしい食事ができるお店を探して友人を誘い、笑顔の交流を深めるのがこれからの愉しみのひとつになりそうです。

就活やソーシャルマナーの研修でも笑顔は大切です。研修講師は口角を挙げましょう。表情筋も柔らかくなどと。確かに、その通りです。でも、おいしいものを食べている自分を思い出すのも微笑みを生み出す効果的な方法かも知れません。

 

元校長  松本 利勝

 

 

 

 

時代を超えて在るもの

古今東西、人類が誕生して以来、人は死後の世界に思いを馳せてきました。古代文明墓所遺跡はそれを如実に物語っています。古代エジプトも然り、日本の弥生縄文期もその他の文明も然りです。先日、國學院大学博物館を訪れ、改めてのその感を強くいたしました。

人は現世を生き抜いて、それで全てが終わるとは考えることができなかったのです。自分が死んでも、魂は永遠であると。哲学や宗教が生まれた理由です。唯物論者は、究極的には物質に他ならない人間存在は、寿命が尽きれば、全ては物質に帰ると考えます。しかしその前提はアンチ来世観念ですし、魂が存在しない科学的根拠もない以上、それもまた、宗教的な観念の範疇に留まります。

ペシミズムにもニヒリズムにもならず宗教に救いも求めず、人は如何にして、その生に輝きを与えるのでしょうか。ここに、文学や、神話のテーマもありますが、それは同時に、キャリア教育の根源的な問い掛けでもあるように思います。

(毎日の日常生活では、ゴミの分別すら面倒だと思うわたしですが、何故か、このような七

面倒臭いことを考えてしまいます。) 時代を超えて在るものは、生きることの意味を問う心そのものではないでしょうか。

松本利勝

株式会社キャリアストラテジー講師

国家資格キャリアコンサルタント

産業カウンセラー

元校長

社会貢献の様々な形~ある高校生の言葉に寄せて~

f:id:careersg:20170806170327j:plain

2017年8月4日朝日新聞 「若い世代」投稿記事 木枝 萌

萌さんは、友人の娘で、幼いころから聡明で明るく、屈託のない笑顔の子です。春先に庭の子供たちのための畑で思いがけなく冬眠しているカエルを見つけて目を丸くして驚いていたのを今でも覚えています。彼女は成長して、今高校生になっています。

今月の4日、彼女は朝日新聞に自分の意見を投稿しました。1年前の相模原の障がい者殺人事件に寄せたものです。彼女の叔父は障がい者です。そして彼女はその叔父との暮らしの体験から、障がい者でも、大切な社会貢献ができていると語ります。人間存在の崇高なる肯定です。彼女は、あの事件で愛する叔父の命の価値が否定されたように感じられたのでしょうか。その言葉には彼女の愛に溢れた社会への憤りをわたしは感じました。その意見は決して表層的な感傷やヒューマニズムから作られたものではありません。わたしは彼女の家族とは親しくしているのでそれが良くわかるのです。

8月5日の今日、広島や長崎の原爆、第五福竜丸、沖縄、東京大空襲などの戦争に関わる出来事に思いを馳せます。かつてそこに生徒を引率してともに学んだ思い出と共に。生徒たちに熱く体験を語ってくれた人々の多くが、もう故人となりましたが、ふと思い出されて、胸が熱くなるのです。あらゆる人々の命の尊さ、それは決して理屈で理解するものではありません。

人は、慈しまれ育てられてはじめて、それを理解できるからです。犯罪の根底、戦争の根底にはその極めて素朴な慈しまれた感情の欠如がある、そのように思われてなりません。わたしたちの社会の現実は、どんな状況でも互いに慈しみあえるほど楽観的なものではありませんが、誰かひとりの言葉から未来への希望の光を見つけることができる、と思います。もちろん、萌さんの投稿からも。

 

松本 利勝

元校長。キャリアコンサルタント産業カウンセラー。株式会社キャリア・ストラテジー 講師