忍者になってみた

一度してみたかったことがあります。忍者になることです。子供の頃の夢です。手裏剣も得意でした。チャンバラも大好きでした。黒装束のコスチュームは入手していました。伊賀者か甲賀者か、わかりません。とりあえずスタイルだけは。とはいえ、映画みたいに…

やくざの手下になりそうだったあの頃の話

(ブランコに乗ると大学生時代に座ったかつて存在した西池袋公園のそれを思い出します) 人は新しい道に歩みだそうとするときには、今までの自分の道程を振り返るものです。 そうでした。学生時代、仕送りはほとんど食費と本代に消えていた時、予備校時代に知…

学生が就職支援会社〇〇に誘導される仕組み

(キッチンの豆苗は三回は生えます。90円です) 秋になり、まだ就職内定が決まっていない学生さんや、転職を考えているけれどもやや躊躇している方々が頼りにするのは何でしょう。大学のキャリアセンターでしょうか。転職支援の会社でしょうか。確かに、それら…

わたし、失敗しないので?

テレビの人気ドラマは、エンタテインメントとして良く練られて、制作されている方々の意気込みを感じます。さすがにプロだな、と感心します。相棒も科捜研も、ドクターXも、確かに面白いのです。 ひと昔前は熱血教師ものが流行りました。あの金八先生も相当…

高校生の講師への足蹴り事件について

アケビの季節です。東京では大手のデパートなどでアケビが売られているのですね。驚きです。アケビが売られているとは。あれは、山で取りに行って好きなだけ食するものだったはず。ひょっとして都会の人は、アケビの味を知らないのではないか、そう思い知人…

逆算して生きる物語

とある喫茶で☕を飲んでいます。珈琲を飲みたいということより、気分を変えたいと。貧乏学生の頃、食事もろくに取れないくせに試験勉強も論文も喫茶でした。その時代からの癖かもしれません。今も。 ところで還暦を過ぎたわたしの友人たちは定年しているか、…

実はわからない、なるようにしかならない世界

(恵比寿駅西口のアイス屋さんの団子アイス) 暑い日は、アイスが恋しくなります。恵比寿を散策していると、あたたかい草団子とアイスのゴールデンペアがわたしを魅了していました。なんとなく懐かしくもあり、モダンでもある。モダンー。この言葉も今や、古典…

カレーは復活の味

街の空を見上げると月。何故かカレー日和 小学生低学年の頃、昭和30年代。母がカレーを作り始めました。小麦粉とカレー粉に玉ねぎと鶏肉を入れただけのまずいカレーでした。それが瞬く間に市販のカレーのルーが売り出され、今やカレーは国民食に。かくいうわ…

先生たちの悲鳴と喜び

学校現場の先生たちの過酷な実態が、近年知られるようになっています。数年前は、マスコミに登場するコメンテーターも無知からなのか、局の方針なのかわかりませんが、先生たちに何か問題があると単純に先生たちが間違いなのだと、その非を一方的に責めてい…

校長室の密かな愉しみ

(公園の桜の古木の枝にとまるセミ) 迎賓館の近く、四谷鮫河橋跡に小さな公園があります。乳幼児を乳母車に乗せた若いお母さんたちが談笑しています。高速道路の車の音をかき消すセミたちの賑やかな鳴き声が響き渡る公園の散歩。こんな時は、何故か辛い中華や…

時代を超えて在るもの

古今東西、人類が誕生して以来、人は死後の世界に思いを馳せてきました。古代文明の墓所遺跡はそれを如実に物語っています。古代エジプトも然り、日本の弥生縄文期もその他の文明も然りです。先日、國學院大学博物館を訪れ、改めてのその感を強くいたしまし…

社会貢献の様々な形~ある高校生の言葉に寄せて~

2017年8月4日朝日新聞 「若い世代」投稿記事 木枝 萌 萌さんは、友人の娘で、幼いころから聡明で明るく、屈託のない笑顔の子です。春先に庭の子供たちのための畑で思いがけなく冬眠しているカエルを見つけて目を丸くして驚いていたのを今でも覚えています。…

海の声が聴こえる

昨夜、リーズナブルな気仙沼のホテルに一泊。今朝、かつて鉄道が敷かれていた路線を走るBRT(バス)で大船渡に向かいました。大船渡地区と高田地区の高校生2年生の就職ガイダンスの講師の仕事です。あの時の、あの東日本大震災の爪痕がまだ生々しく残る地域の…

ファスティングと風の身体

(軽井沢の千ヶ滝) 知人のお誘いで、昨日までの二泊三日、軽井沢の森の中で「ファスティング」を体験してまいりました。ファスティングとは、断食を通して心と身体をリセットすること、またデドックスと適度な運動を通して身体の本来持っている生命力を回復す…

ブルーナの絵本へ~子育て中のパパ、ママさんへ~

「ブルーナが語るミッフィーのすべて」MOE特別編集 白泉社ムック 2017.6 絵本は誰でも子供時代に親から読み聞かせしてもらった記憶があるのではないでしょうか。そして、自分自身が親になったときに子供に絵本を読んであげるのです。わたしもそうでした。「…

60代からのハローワーク

(書店に並ぶ就活関係の本) 7月。すでに就活戦線は半ばとも、終盤とも、これからとも言える時期ですね。学生の皆さんは、内定をいただいて安堵している人もいるでしょうし、今まさに歯を食いしばって自分を激励叱咤してチャレンジし続けている人もいると思い…

ロックの人間理解から~先生になりたい高校生へ~

「野の花」水彩 マツモト トシカツ ONE OK ROCK 作詞作曲 Taka。そこにはこんな詩があります。 Look how far we've made it. The pain I can't escape it. このままじゃまだ終わらせることは出来ないでしょ。なんどくたばりそうでも朽ち果てようとも終わりは…

あまり聞かない就活の道

レオナルド・ダ・ヴィンチ 1483 天使の習作 トリノ王立 美術館 今、東京駅近くの三菱一号館美術館で興味深い展覧会が開かれている。(~9月24日)ルネサンスの二大天才、レオナルドとミケランジェロのデッサン展である。わたしは目の前にある本物のデッサン一…

わが心のネアンデルタール人に訣別を

(森の仲間 イラスト マツモト トシカツ) マンションのエレベーターの壁に鏡があった。そこに映るのは冴えない熟年の男の姿。わたしである。近年の人類の進化の研究をたまたま知ったからだろうか。ふと、考えた。「この鏡に映るわたしは何者だろうか。」哲学…

バカボンのパパ、そのキャリアデザイン

バカボンのパパは人類最大の偉人である、と確信している。無論、我が家の最大ヒーローである。どんな失敗をしても「これでいいのだぁ!」といつも前向きだからである。息子が尊敬する「カール」おじさんよりもずっと偉大である。カールおじさんシリーズは、入…

ビートたけしさん、ごめんなさい

(イラスト まつもと としかつ) ~北野武様に伝えたいこと~ いつの頃でしたでしょうか。教師になる前ですからもう40年以上も前のことになります。アルバイトで暮らしている時代のことです。あれは、夏の夜だったような気がします。わたしは友人と新宿のビル…

お子さんが不登校になったご両親へ

わたしの親族や知人のお子さんは、何人か中学や高校に行かない、という選択をしています。ある人はそのまま検定試験を受けて大学に進学し、またある人は通信教育で高校を卒業し、就職しています。海外でボランティア活動をする人もいます。彼ら、(彼女ら)に…

わたしは教室に入れない先生だった

わたしは、ずいぶん長い間・・・34年間も教員生活をしてきました。振り返れば、実にいろいろな生徒たち、いろいろな先生たちとの出会いがありました。 はじめの赴任先は関西のある荒れた男子高校でした。当時、わたしは校内暴力、万引き、そして喫煙など心の…

先生になりたいと願う君へ

こんにちは。きょうは、先生になりたいみなさんへの言葉です。 あるお父さんから質問を受けました。「わたしの大学4年の息子は教員志望です。先生(松本)に人事を担った校長・教頭として何かアドバイスをしてほしいのですが・・・」と。そのお父さん、何とか…

世界のどこかにあなたを必要とする職場がある

就活生のみなさん、こんにちは。 もう五月ですね。この時期ですと4年生はES提出、会社説明会、Webテスト等に追われていることでしょう。自己紹介、志望動機の前提となる自己分析も行いましたね。もちろん業界、企業、職種の研究もし、先輩の経験談もしっかり…

1本、数百円の胡瓜

みなさん、こんにちは。 水曜日の今日は朝からしとしと小雨が降っています。「うむ。この湿り気のあるお天気がちょうどいい。今日の胡瓜苗植え計画には。」そう、きょうは私の職場のビルの天上の庭に有志が集まり、胡瓜を植える日なのです。のどかな計画です…

走る前に勝負は決まる100メートル走

みなさん こんにちは。連休が終わりますね。明日からの仕事、気持リセットしていけそうですか。連休明けのスタート、しっかりしたいものです。 スタートといえば、みなさんご存知でしょうか。 100メートル走のスターターの「位置について、よーいドン!」は今…

おいしいうな重の秘密

みなさん こんにちは。キャリアストラテジー(キャスト)の松本です。ストラテジーとは「戦わずして勝つ」そのためには何が大切でしょう。 この連休、わたしは成田山新勝寺に詣でてまいりました。その参道には数々のうなぎの名だたる老舗があり、かねてから、…

キャリアストラテジーHPをご覧ください

皆さん 今日は、スタッフ全員が事務所に集まりHPをリニューアルいたしました。さわやかな初夏の風が窓から。ご覧ください。キャリアストラテジー、皆様のために。

test1

test1