不登校生徒にとってのステイホーム

不登校の生徒や閉じこもりの人々にとって、ステイホームは日常でした。しかし、コロナ対応でステイホームが社会の流れになると、現象としては、それらの人々は普通になりますみんなが家にいるのですから。

自粛は、外に出られない人々にとって、自粛ではなく、それまでの日常の連続でしかなかったのかもしれません。彼らはコロナ騒ぎ、自粛をどう感じているのでしょう。

自粛が解除され、私たちは再び、外に出る日常に戻りつつあります。そして、同時に、他人には理解しがたい心の自粛を強いられている人々は、ステイホームの世界の中に閉じこもるのです。

コロナ対応では学校の先生たちもご苦労が絶えないでしょう。ご自身の家族も心配。もちろんひとりひとりの生徒に寄り添わなければなりません。また誠実な管理職の先生であれば、ひとりひとりの先生たちをしっかり支えなければなりません。その混乱と忙しさの中で従来からの不登校の生徒たちに対して、どのようなケアーをされているのでしょうか。

学校でのオンライン教育が話題ですが、パソコンと格闘しながら、不登校の生徒たちに寄り添う先生方を応援します。

私たちは、自粛解除で解放感を感じています。しかし、あらたな恐怖・不安を抱く人々の存在を私たちはどれほど意識しているのか、考えたいと思います。不安な語感、ステイホーム。

 

松本 利勝

国家資格キャリア・コンサルタント

産業カウンセラー・教育カウンセラー

元中高校長